香芝市のTri整体院より

津守辰哉です。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板の繊維輪の部分が断裂して

髄核や繊維輪が脊柱管内や椎間孔内へ

膨隆脱出して神経根や馬尾神経に障害を与え

腰痛や下肢痛、神経症状を引きおこすもの

ざっくりいうと

背骨のクッション材である椎間板が

脊髄神経部分に飛び出てしまって圧迫し

腰痛や足の痛みと神経痛などを引き起こします。

 

20~40歳代に見られることが多く

腰椎の4番5番の間に起こりやすいと言われています。

 

腰痛だけでなくお尻の痛みや足の痛みが現れ

安静にしているとその痛みは軽減されます。

 

下肢の痺れ感や脱力感がみられることもあります。

尿が出なかったりお失禁してしまったりする

膀胱直腸障害(ヘルニア患者の1~3%)の場合は

オペによる椎間板切除が有効とされています。

 

ヘルニアになった後は自分の免疫細胞に食べられ

自然に縮小や消失することが多いです。

 

 

 

 

とここまでが通常言われている

腰痛と腰椎ヘルニアについてです。

 

最近の研究ではヘルニアと腰痛・神経痛などは

あまり関係性が無いことが分かってきました。

 

 

いままでは

腰痛がある→調べたらヘルニアが見つかった

=腰痛の原因はヘルニアです。

という流れだったのですが。

 

調べたらヘルニアが見つかった→でも腰痛はない。

という症例が多く見つかってきたので

=腰痛の原因はヘルニアではない。

ということです。

 

ヘルニアは3~40代になると

自然と発生するものということです。

 

年齢とともに肌にシミができたり

カサカサになるのと一緒です。

それって見た目以外に何も問題ないですよね。

 

腰痛を引き起こす原因とは一体何でしょうか?

よく挙げられるのは

特異性腰痛と非特異的腰痛

 

特異性腰痛はレントゲンやMRIなどで

原因が見れるモノ(ヘルニアや脊柱管狭窄症がこれです)

 

非特異性腰痛はレントゲンやMRIなどで

原因が見れないモノ(原因不明という意味ではない)

 

 

なぜ原因が見れないのかというと

レントゲンやMRIは画像を撮影した一瞬の静止画です。

つまり筋肉の収縮や関節の動き、神経の興奮

体液循環、全身的な連動などの

連続した動きを見ることができないからです。

 

腰に触らずとも腰痛を改善する方法は

山ほどありますので興味ありましたら

是非一度問い合わせください。

 

ヘルニアと診断された腰痛なんか怖くないですよ。

 

======================

奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101

Tri整体院

10:00~20:00(予約制)

香芝市の近鉄五位堂駅から徒歩1~2分

駐車場完備

======================