香芝市のTri整体院

津守です。

 

よく腰痛と一緒に問題にされやすい坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛って?

神経は脳から連なる脊髄から枝分かれしているヒモで

筋肉などのカラダに指令を送る経路のことです。

 

人体の中で一番太い神経が坐骨神経で

骨盤の中からお尻を通りモモ裏へと走っています。

 

その坐骨神経のライン

つまりお尻から裏ももにかけての痛みや下肢のしびれ

その症状を坐骨神経痛と言います。

 

坐骨神経痛が長期化すると

すねの外側の筋力低下がおこり

転倒しやすかったり、

車の運転中でアクセルとブレーキを

踏みかえにくくなったりする

症状が現れることもあります。

 

両足同時に出ることは非常にまれで

大抵は片足だけに出ます。

両方に出る場合は

糖尿病などの内科疾患が潜伏している場合があります。

 

坐骨神経痛とその範囲

 

坐骨神経痛の原因

お尻にある筋肉(梨状筋)や

モモ裏の筋肉(ハムストリングス)

その間を坐骨神経が走っています。

 

お尻やモモの筋肉が固くなったり

過緊張を起こすことで神経が圧迫され

坐骨神経痛を引き起こすと言われています

 

もしくは腰椎椎間板ヘルニアや腰痛

腰部脊柱管狭窄症が原因と一般に言われています。

 

しかし以前の記事で上げた通り

少なくともヘルニアは神経痛などとは

関係性が低いことが分かっていますし、

 

坐骨神経痛と診断された方の症状が

ストレッチや軽い運動・整体で

腰痛やしびれが改善するなんてことはよくあります。

 

梨状筋症候群だろうが

ヘルニアだろうが

脊柱管狭窄症だろうが

坐骨神経痛や腰痛を

改善することは難しくありません。

 

 

坐骨神経痛の改善法

まずはあなたの坐骨神経痛が

どんな状況で

どんなタイミングで

どんな動作で

痛みを発するのか

それをまず見つけてみてください。

 

そして今度は

どんな体勢で

どんな動きで

どんなタイミングで

坐骨神経痛が楽になるのかを探してみてください。

 

坐骨神経痛の痛みを取りたいのであれば

痛みが緩和される状況や条件を知ることが

改善の糸口になることが多くあります。

 

もしどうしたらいいかわからない。

早く坐骨神経痛をどうにかしたい。

腰痛も一緒に治療したい。

そんな方はお問い合わせください。

 

必ずあなたの力になります。