こんにちは。

奈良県香芝市のTri整体院より

津守がお送りします。

 

以前YouTubeで

「腕立て伏せが一回もできない人」向けの

動画を投稿しました。

ご覧いただけましたでしょうか?

 

今日は腕立て伏せ中に

腰痛が出る人がいるという話を聞いたので

体の中でどんなことが起こっているのかを

考えてみようかと思います。

 

/////////////////////////////////////////////

Tri整体院【整体×トレーニング】

奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101
0745-76-4711
10:00~20:00(予約制)

〇休みのお知らせ〇
■8/13(火)
■8/27(火)

予定しておりますのでご注意ください。

//////////////////////////////////////////////

 

腕立て伏せは想像通り

腕の力で身体を床から遠ざけようとする動きです。

 

つまり腕の押し出す力が必要となります。

 

腕立て伏せに必須な筋力と考えられるのは

■大胸筋の働き:腕を胸の前に引き寄せるパワー

■三角筋の働き:腕を前に引き寄せるパワー

■上腕三頭筋の働き:肘を伸ばすパワー

■前鋸筋の働き:肩甲骨を外側に寄せるパワー

 

これらの筋力の中でも

大胸筋と上腕三頭筋が秘めているパワーが大きく

普段あまり使われていませんが

伸びしろのある筋肉です。

 

この二つの筋力が弱いと

身体を床から離す力が弱くなるため

身体を持ち上げることができません。

 

それでも何とか持ち上げようとすると

身体の動きはどうなるでしょうか?

 

筋力でどうにもならないなら

身体の重みをどうにかするしかありませんよね

 

身体をまっすぐにしていると

上半身+下半身の重みを

一気に持ち上げる必要があります

 

そこで、しゃちほこのように腰を反らすことで

まず上半身だけを持ち上げることで

腕で持ち上げる負担を分散することができます。

 

見た目には波打つような

腕立て伏せになっているはずです。

 

この腰を反らす動作が、

腰痛にとって非常に厄介です。

 

腰を反らすことで腰の筋肉は縮みます。

筋肉は縮んだ状態から更に縮まそうとすると

痛みを伴うか筋痙攣をおこすことがあります。

 

しゃちほこのような腕立て伏せを何度もすることで

腰の筋肉は過剰に収縮することを強制されてしまい

腰痛を発症しても不思議じゃありません。

 

また腰と隣接している関節の可動域の問題もあります。

胸椎はそもそも猫背方向に曲がっているため

後に反らす可動域はそもそも大きくありません。

 

股関節も前に曲げる可動域は135°ぐらいですが

後ろに反らす動作になると

15°程度の可動域しかないので

より腰に負担が集中してしまうことになります。

 

 

 

腕立て伏せの際の腰痛を防ぐためには

そもそも身体を反らさなくても

身体を持ち上げることができるように

上腕三頭筋と胸筋を鍛える必要があります。

 

手軽に鍛える方法はYouTubeの方で

投稿するつもりなので

気になる方はチャンネル登録しておいてくださいね!

 

以上、奈良県香芝市のTri整体院より

津守がお送りしました!

それではまた。

 

/////////////////////////////////////////////

Tri整体院【整体×トレーニング】

奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101
0745-76-4711
10:00~20:00(予約制)

〇休みのお知らせ〇
■8/13(火)
■8/27(火)

予定しておりますのでご注意ください。

//////////////////////////////////////////////