こんにちは

香芝市のTri整体院より

津守辰哉です。

 

今日は昔からよく聞く

関節リウマチについてです。

 

指が痛い時と温泉番組などでよく聞きますが

関節リウマチが何かをご存知でしょうか?

 

 

関節リウマチ:rheumatoid-arthritis

 多発性の関節炎によって関節変形に至る全身性の慢性炎症性疾患である。日本における患者数約70万人であり、男女比は1:3~4と女性に多く、後発年齢は30~50歳代。関節滑膜の炎症に始まり,肉芽組織(パンヌス)を形成し軟骨、骨を破壊し関節の変形、強直をきたす。関節の炎症により賛成される炎症性サイトカイン(TNF-α、IL-1Bなど)が病態形成にかかわる。

原因は不明であるが遺伝的素因に加えて、環境因子(感染,ストレスなど)、ホルモン(女性に多く出産で増悪)免疫異常など他因子が関与する。関節症状としては手指関節の朝のこわばりに始まり、対称性多発性に関節炎が全身に広がる。関節炎は手指,手首、足趾、膝、肘、などの関節に後発し関節局所には腫脹、疼痛がみられる。関節痛のみでなく関節の腫脹が重要な所見である。

関節病変が進行すると関節の変形や強直、筋委縮、腱断裂がおこり、関節可動域が制限される。血管炎を伴う予後不良の関節リウマチは悪性関節リウマチ(MRA)と呼ばれる

全国柔道整復学校協会監修 『一般臨床医学』より  医歯薬出版株式会社

 

昔の教科書を引っ張り出してきまして

関節リウマチのページの一部なのですが

なんのこっちゃ…って感じですね(笑)

 

 

関節リウマチについてざっくりまとめると

色んな部分の関節(特に指や手首、肘、膝)で

自分の免疫が自分の関節組織を破壊してしてしまうもの

 

30~50歳代に多く発生し

関節リウマチ患者の75~80%が女性です。

 

指の痛みや手首の痛み、膝痛などのまえに

朝のこわばりが現れ、

炎症(発赤、腫脹、熱感、)に伴い関節痛があるのが特徴

左右対称の関節に炎症が起こることがほとんどです。

 

関節リウマチが進行することで

軟骨の破壊により変形が起こったり

関節が癒着してしまったり

筋委縮や腱断裂がおこることで

関節の動く範囲が狭まります。

 

また関節リウマチをはじめとする自己免疫疾患は

全身的な症状が現れる特徴があります。

※自己免疫疾患とは自分の免疫が自分のカラダを攻撃してしまう疾患

 

  • 微熱
  • 全身の倦怠感
  • 疲労感
  • 体重減少
  • 血管炎

 

などなどです。

 

 

関節リウマチの原因

明確な原因が不明ですが、関係している要素として

  • 遺伝
  • 細菌感染
  • 外部ストレス
  • ホルモン(特に女性ホルモン)
  • 免疫異常

これらが複合的に関与していると言われています。

 

 

  • なんか手や指が痛いな
  • 朝にこわばるなー
  • 膝痛とか肘痛がでてきたな
  • そういえばなんか腫れぼったいなー
  • そういえば左右同じところにでてるな
  • 最近疲れやすいし微熱が続いてる

というかたは関節リウマチの可能性が高いので

整形外科などで「朝に手がこわばって…」

っていえばリウマチの検査もしてくれるはずです。

 

関節リウマチはほったらかすと

関節破壊が進んでしまうので

変形を元に戻すことができません。

 

早めに検査して抗リウマチ薬使えば

関節は正常なまま保たれます。

 

 

手指のこわばりや膝痛などが出た時には

一度関節リウマチを思い出してください。

 

以上、香芝市のTri整体院より

津守がお送りしました。