こんにちは!

ぎっくり腰特化整体や産後骨盤整体を提供している

奈良県香芝市のTri整体院です(*’ω’*)

 

Tri整体院が基本的に提供しているのは

整体×トレーニング×テーピングの3つになります。

 

中でもトレーニングは

症状を改善するうえでも

症状を予防するうえでも

理想の体を手に入れるためには必須です。

 

じゃあ自分で運動したらいいんちゃうん?

ジムにいったらいいんちゃうん?

そう思われるかもしれませんが

ちゃんとTri整体院でトレーニングすることに意味があります。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Tri整体院【奈良のぎっくり腰特化整体】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
整体×トレーニング×テーピング
奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101
10:00~20:00(予約制)
TEL 0745-76-4711
MAIL:tri.tumori@gmail.com

10月のお休み
■10/23(水)
以上を予定しておりますのでご注意ください。
奈良県内であれば出張整体も行ってます.
ご気軽にご相談ください(`・ω・´)

ぎっくり腰の他にも産後の骨盤整体や
通常の整体も行っていますよ!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

整体院でトレーニングする意味

 

まずトレーニングで得られるメリットっていうのは

■筋力をあげる

■持久力を上げる

■血液循環を良くする

■基礎代謝があがる(カロリー消費はおおきくなる)

■基礎体温が上がる

■脂肪を分解する

だいたいこの6つになります。

 

これらのメリットのほとんどは

二、三回程度のトレーニングによって得られるようなものではなく

トレーニングを習慣化しないと効果を感じにくいです。

 

 

 

 

トレーニングを習慣化するというのが非常にむずかしいところです。

当院に来られた方で○○を鍛えたほうがいいですよとお教えすると

あとは自分でまず頑張ってみます!と仰る方がいますが

 

残念ながら十中八九、自分ではできません。

 

たとえば歯磨きを習慣化できている人はほとんどだと思います。

虫歯になっても、虫歯が治っても

体調がいい時でも、風邪でしんどくても

歯磨きを欠かすことはほとんどないはずです。

 

ちょっと今日は気分が乗らんしやめとこ程度では

習慣化とは到底言えません。

 

習慣化するためには絶対やらなければならない

シチュエーションを作り出すべきなのです。

 

■トレーニングはだれかとやった方がいいのです

 

 

 

またトレーニングは同じ動作をしているつもりでも

すこし重心が違ったり姿勢が変わるだけで

効果が出る部分が変化してしまいます。

 

例えばスクワット一つとっても

どれくらいまで膝を曲げるかとか

上半身がそっているかとか

伸びあがる時にお尻を意識できるかとか

考慮すべきポイントはいろいろあります。

 

それを自分で気づくことは非常に困難で

誰かに見てもらう必要があるのです。

 

■トレーニングは専門家に見てもらいながらすべきです

 

 

トレーニングを行っていると

スクワット中に膝が痛くなったり

ベンチプレスで肩が痛くなったり

腹筋して尾骨がいたくなったり

多くの問題に直面します。

 

そんな時トレーニングのプロがおこなう

経験的な解決方法と比べて

 

身体のプロであり整体・トレーニング・テーピングを行っている

Tri整体院では問題を解決する手札の数が圧倒的に違います。

 

膝の痛みに足首のテーピングを貼ったり

尾骨の痛みに殿筋のストレッチを行うことが

問題解決に有効です。

 

■Tri整体院では安定してトレーニングを行うことができます

 

 

身体のプロといえど

普通のトレーナーの方は筋力アップのプロだし

普通の整体院では症状改善のプロです。

 

Tri整体院ではその両方に特化した技術を提供しているので

是非体のことはTri整体院にお任せください!

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Tri整体院【奈良のぎっくり腰特化整体】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
整体×トレーニング×テーピング
奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101
10:00~20:00(予約制)
TEL 0745-76-4711
MAIL:tri.tumori@gmail.com

10月のお休み
■10/23(水)
以上を予定しておりますのでご注意ください。
奈良県内であれば出張整体も行ってます.
ご気軽にご相談ください(`・ω・´)

ぎっくり腰の他にも産後の骨盤整体や
通常の整体も行っていますよ!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■