四十肩・五十肩とはどんな症状?

正式名称は肩関節周囲炎

四十肩、五十肩、凍結肩などと呼ばれています。

 

40代~50代に多く発生し

肩の痛み+動かせなくなるのが主な症状です。

 

そして良くなるまで時間がかかる

というようなイメージをお持ちかと思

 

実際そのような方が多いですが、

その進行度や痛みの程度は人によって様々です。

 

動かして痛みが出る人

動かさなくても痛みがある人

あまりの痛みで眠れない人

痛みはないが動かせない人

自然治癒まで年単位でかかる人

施術して数週間で治る人

一旦良くなっても再発する人

 

最近では

20代や30代でなる方も多くなっています

 

四十肩・五十肩になられた方は、

よく、歳のせいかなと仰られますが

それは違います。

 

もし本当に加齢が五十肩の原因であれば、

五十肩になった20代の方の肩の関節は

ボロボロでないといけません。

 

しかし五十肩の人のレントゲン写真を撮ると

骨や関節に異常がないことがほとんどです。

 

四十肩・五十肩の経過

急性期

炎症期ともいい、主な症状は痛みで肩が上がらなくなってくる。

拘縮期

どんどん肩の上りが悪くなってくる。

回復期

痛みが軽減していく。

 

四十肩・五十肩が進行すると

このように症状が変化します。

 

ただし何もせず安静にするままでは

回復期まではかなり時間がかかります。

 

自然回復のみに任せ、何の対処もしなければ

残念ながら以前のように肩は動きません。

 

なぜなら痛みによって動かしていなかった

肩の関節は関節包や靭帯が硬直し

関節の動きを阻害してしまうからです。

 

あまりに関節が癒着がひどい場合は

関節鏡手術を選択される方もおられるようです。

 

 

Tri整体院が”五十肩”に対してできること

肩を上げる動作

肩だけで行っているわけではありません。

鎖骨や肩甲骨、肋骨の動き、

体幹の捻りや傾き

多種多様な関節の動きが

肩の関節と連動しています。

 

その動きを引き出すことで

肩の負担を減らし痛みを減らすことができます。

 

その動きを引き出すためには、

運動整体の両方が必要です。

運動だけしていただくときもあるし

整体だけうけていただくこともあります。

 

あるいは整体を受けながら

運動していただくこともあります。

 

実際うけないとわからないと思いますので

五十肩でお悩みなら

ぜひTri整体院へお越しください。