こんにちは。

香芝のTri整体院より

津守辰哉です。

 

======================

Tri整体院

奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101

10:00~20:00(予約制)

 

6月のお休みは

9日(日)と23日(日)

の予定ですのでご注意ください。

======================

 

さて、

腰痛改善のためには何が必要だと思いますか?

 

腰のマッサージやハムストリングスのストレッチ

ウォーキング、痛み止め、漢方、などなど

いろいろありますよね。

 

その中でも最近特に言われているのは

体幹トレーニングです。

 

体幹とは

首から上と両手両足を除いた

カラダの部分のことをいいます。

大体肋骨周りから骨盤あたりのことです

 

一般的なイメージだと

腹筋とわき腹と背筋だと思います。

 

体幹の筋肉は非常に重要な筋肉で

上半身の安定性を保つために使います。

 

インナーマッスルなどともいわれ

お腹で言うとシックスパックの部分よりも

内側の腹斜筋や腹横筋のことを指します。

 

この体幹の筋肉を鍛えるために

主にプランクを上げられることが多いです。

 

しかしこのプランクをしたために

腰痛を悪化させる人が増加しています。

 

なぜプランクが腰痛を悪化させるのか?

プランクはお尻が上がりすぎたり下がりすぎることで

腰を反らしすぎてしまい負担を増加させてしまうことがあります。

 

そうならないために体幹の筋肉を”意識的”に使い

カラダを安定させるのですが、

 

腰痛に悩むひとはそもそも体幹の筋力が弱いので

カラダをうまく安定することができずに

腰に負担をかけてしまいます。

つまりプランクなどの体幹トレーニングは

腰痛改善の初期にはすべきではありません。

 

 

腰痛改善のためには何をすべきでしょうか?

体幹トレーニングにはもっと大事な基礎があります。

ドローインという方法です。

 

通常上向きに寝そべった状態では、

腰が少し浮いていることが多いのですが、

これを腹筋に力を入れることで

背中全体をくっつけて

腰が浮かない状態をキープします。

 

これをできないうちはプランクなどの

体幹トレーニングをしても効果は薄いです。

 

というかそもそも体幹トレーニングをする以外にも

他の部位を鍛えることで

腰痛を改善することは簡単です。

 

もっと言えばトレーニングに固執する必要もありません。

ストレッチや

認知行動療法や

ヨガなどでも

おおくの腰痛は変化します。

 

ただ持続力を考えるなら

トレーニングは必須です。

 

時代の波に流されないトレーニング法で

腰痛を改善していきましょう。

 

以上、香芝のTri整体院より

津守がお送りしました。

 

それではまた♪

 

======================
Tri整体院
奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101
10:00~20:00(予約制)

6月のお休みは
9日(日)と23日(日)
の予定ですのでご注意ください。
======================