こんにちは、奈良県香芝市のTri整体院より

津守がお送りします。

 

今日は腰痛の原因と名高い

「腰椎椎間板ヘルニア」について

お伝えしていこうと思います。

 

腰痛やしびれの原因として有名な腰椎ヘルニア

 

脊椎の骨は24個の骨で構成され

頸椎【上から7コの背骨】

胸椎【真ん中の12コの背骨】

腰椎【下から5個の背骨】

この3種に分かれます。

 

それぞれの骨の間には

椎間板というクッション上の軟骨があり、

地面からの衝撃を吸収したり

関節の曲げ伸ばしの際の安定材として

椎間板が活躍しています。

 

その椎間板がやぶれ中身が飛び出てきたもの

これをヘルニアといいます。

(英語で飛び出すという意味があります)

 

これが腰椎の間の椎間板がこわれて

椎間板の中身が飛び出てきたものを

腰椎椎間板ヘルニアと言います。

 

一般にヘルニアが多く発生しやすい部分があって

上から4番目と5番目の間の椎間板の部分で

ヘルニアになりやすいと言われています。

 

ヘルニアがどんなことを引き起こすのか

 

腰椎椎間板ヘルニアは

 

■激しい腰痛

■下肢の神経痛

この2つの症状を引き起こすと言われており

その症状が酷い時には、排尿や排便障害など

内臓の機能を低下させるほどの神経症状がある

と言われています。(かなり稀ですが)

 

ヘルニアの飛び出た軟骨部分が

神経にあたることで

腰や脚のしびれや腰痛を生む

というのが通説でした。

 

飛び出たものが神経にあたると

なんだか痛そうなイメージなのですが

ヘルニアが神経が当たっているようが

ヘルニアがなかろうが

神経や腰の機能を損ねません。

 

最近では無症候性のヘルニア

(痛みや神経痛がなくても見つかるヘルニア)

が多く発見されることで

ヘルニア≠神経痛といわれるようになりました。

激しい腰痛が出たからレントゲン撮影して

ヘルニアが見つかったから「腰痛の原因=ヘルニア」

 

しかし最近では

腰痛や下肢の痛みの経験がない人の

腰をレントゲン撮影しても

ヘルニアが見つかることもあるので

「腰痛≠ヘルニア」ということが分かった。

 

 

 

「私、ヘルニア持ちで~」と諦めていた人も

実は腰痛の原因は別のところにあるので

腰痛改善の余地はあるということです。

 

 

 

腰痛や神経痛の原因とは

 

実のところ腰痛の原因はよく分かってません。

これを非特異的腰痛と言います。

腰痛の85%がこれに当たり

残りの15%は原因が明確な特異的腰痛です。

 

 

多くのサイトがこんなことが書いていますが

実は厳密には違います。

非特異的腰痛はレントゲンやMRIなどの画像検査で

原因が”写らない”腰痛のことを言います。

 

レントゲンは密度の高いものがよく映るため

骨の構造の変化が分かります。

骨折や骨同士のスキマがよく見えます。

 

一般的なMRIは水を多く含むものに反応するので

体液や脂肪組織が白く映ります。

(撮り方によっては違いますが)

椎間板の後ろには脊髄があり、

脊髄液に浮かんでいる状態なので

そこをヘルニアが圧迫した時には

かき分けられた脊髄液が写るのです。

 

あくまでこれらは撮影した瞬間の

身体の構造を写すものであり

 

筋肉の収縮や神経の伝達

自律神経、関節の全身的な連動性

これらは写らないので

原因が分からないと言われています。

 

 

いやいや、

筋肉が腰痛の原因の可能性が高いですよね。

神経の過剰興奮で痛みの感受性が高いこともあり得ます。

連動性が低くて負担が局所に集中するのかもしれないです。

 

あくまでこれらは推論ですが、

これでヘルニアと言われた腰痛が

良くなることもまた事実です。

 

もしあなたが腰椎椎間板ヘルニアと診断され

腰痛は辛いけど、騙し騙しやるしかないと

諦めかけているならぜひ一度ご相談ください。

 

必ずあなたの力になります。